育毛剤の使い方とは?

チャップアップの具体的な使い方等について

チャップアップとは育毛剤の一種として知られており、育毛に効果的な成分を32種類配合しているのが特徴です。配合されている具体的な成分としては頭皮環境を整えるセンブリエキスや、毛穴の炎症を抑えるグリチルリチン酸等が挙げられます。これらの成分が頭皮を発毛しやすい状態に整えて、発毛・育毛を促す効果が期待出来るのです。

チャップアップは育毛効果が期待出来る製品ですが、正しい使い方をしないと効果が少なくなる可能性があります。充分に効果を得る事が出来るように、まずは使い方をきちんと確認してから使用を開始するのが望ましいです。
チャップアップの具体的な使い方に関してですが、これはスプレー式の育毛剤なので適量を頭皮に噴霧するようにします。ただし噴霧を行う際には頭皮や髪が乾いている事が大切なので、洗髪後等に使う場合にはまずドライヤー等で乾かしてから使うのがポイントです。

チャップアップは30回プッシュが1回分という目安になっているので、その適量を守る事が大切になります。また一気に30回プッシュをするのではなく、少しずつ全体にプッシュして、満遍なく行き渡るようにする事も重要です。
噴霧をし終わったらそれで完了と思っている人も多いのですが、実はこれで終わりにすると期待する効果を得るのは難しくなります。何故ならチャップアップを頭皮にしっかりと浸透させて、有効成分を頭皮がきちんと吸収出来るように促す必要があるからです。

有効成分を頭皮に充分に吸収させるためには噴霧した後で、しっかりと頭皮全体をマッサージするのが有効とされています。両手の指の腹を上手く使ってマッサージを行うのが効果的だと言われていて、この時にある程度指先に力を入れるのがポイントです。マッサージのイメージとすると指先で頭皮を押しながら揉む感覚を持って、頭皮をマッサージするのが有効とされています。ちなみにマッサージを行う時間は最低でも1分程度は続けるのが、チャップアップの正しい使い方になります。”