春夏秋冬・それぞれの季節ごとに備えたい頭皮かゆみ対策

季節の変わり目になると、頭皮のかゆみがでたりフケが多くなったりすることがあります。


体は気候の変化に合わせて行こうとしますが、上手く合わせられないと、自律神経が乱れ免疫力が低下します。

それは、頭皮にとっても良くない事です。

春は、暖かな日差しの季節ですが、冬から徐々に気温が上がり、汗をかきやすくなります。
また、春は進学や就職など、新しい環境を迎えることが多く、精神的なストレスが頭皮にも影響します。
衣服の調節や上手なストレス発散が必要です。

梅雨は湿度が多くなり、夏は大量の汗をかき、紫外線も強くなります。
エアコンを使い乾燥しやすくなります。
夏の暑さで食欲が落ちれば、栄養バランスが崩れます。
しっかりしたシャンプーと、外では帽子などの紫外線対策、バランスの良い食事が必要です。

秋は涼しくなりだし、空気自体が乾燥してきます。
夏の間のダメージが続いたまま、空気が乾燥することで、頭皮の乾燥を促進させます。
低刺激のシャンプーと、頭皮に良い保湿剤が必要です。

冬は、乾燥の季節です。
その為に頭皮の乾燥も強くなります。
皮膚自体のバリアが弱くなり、かゆみがでやすくなります。
低刺激のシャンプーと保湿剤が必要ですし、水分を取るように心掛け、体に水分を補いましょう。
保湿剤は、シャンプー後や入浴後に頭皮用の化粧水を使うのがベストですが、肌用でも問題がなければ使えます。

季節に合わせたシャンプーの効果的な使い方と、食事のバランス、頭皮マッサージで血行の促進を図るのことが良いです。