妊婦さんの頭皮を襲うかゆみの特長と影響の少ない対策方法

妊娠はホルモンのバランスが崩れやすいですが、それは基礎体温を上昇させ、子宮内膜を厚くするホルモンが多く出るからです。
その為に、体の体温が上がります。
体温が上がるということは、汗もかきやすく、頭皮の皮脂をたくさん分泌することになります。


そのホルモンは、男性ホルモンのような成分を含み、皮脂を増やす作用もあります。
皮脂が多くなるという事は、頭皮環境が悪化することになり、激しいかゆみにつながります。

また、妊娠中は便秘にもなりやすく、肌も荒れやすい状態になり、それは頭皮にも及びますので、少しの刺激で、頭皮の状態が悪くなったりします。
パーマやヘヤダイや、いつもなら平気なシャンプーや整髪料などでカブレたりします。
そんな時は、パーマやヘアダイは控え、使うシャンプーも、無添加や刺激の弱いアミノ酸系シャンプーや、アトピー用のシャンプーなどに変えることが良いです。

また、本来ならば、しっかりシャンプーしなければならないのですが、妊娠すると、つわりがあったり、体調がわるかったりして、いろんなことが面倒になり、シャンプーも適当になりやすいです。

そういう時は、柑橘系のアロマオイルなどで、気分が良くなったりします。
気持ちを落ち着かせることは、体調にも影響しますので、アロマオイルや、音楽などを上手く利用し、心を落ち着かせることで、日常生活を取り戻し、しっかりシャンプーできるよう、心がけましょう。


つわりなどで食事のバランスが崩れることも頭皮にとっては良くないので、上手く栄養バランスが取れるように心がけましょう。