しっかり洗っているのに頭皮がかゆくて臭い場合の原因は何?

シャンプーしているのに、頭皮がかゆくて臭いとは、どうしてでしょうか。
しっかりシャンプーしているはずなのに、と思っている方も多いでしょうが、かゆみの原因は主に乾燥になります。


そして臭いの原因は、頭皮の皮脂が酸化し、それが分解した場合や雑菌の繁殖などです。

元々、頭皮は脂の分泌が多い場合もありますが、反対に頭皮が乾燥している場合も、取れてしまった皮脂を補うために、余分に皮脂がでてしまいます。
それで頭皮が脂っぽくなります。
その脂が分解したり、雑菌が繁殖すれば臭いが発生します。

頭皮は、とてもデリケートな場所です。
シャンプーの時のお湯が熱い場合は、頭皮を刺激しすぎて炎症につながります。

また、シャンプーの原液は、十分泡立ててから、髪を優しく洗いましょう。
頭皮に直接つけたりすると、毛穴の奥まで原液が入り込んでしまい、すすぎ切れず、かゆみにつながります。

爪を立てて洗わない事。
爪を立てると傷をつけてしまいます。
指の腹でマッサージすれば、程よい刺激を頭皮に与えることができます。
もちろん、シャンプーのすすぎは、残らないようにしっかりすることです。
洗う時間よりも、すすぎに長く時間をかけることがよいです。

シャンプーも自分に合っているかを考える事です。
炎症がおきていたり、脂が多い場合は、抗菌作用のある薬用シャンプーが良いですし、乾燥の場合は、低刺激で、頭皮の環境を正常にしてくれるアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

反対に洗浄力が強いのは合成界面活性剤で、頭皮にも強い刺激があります。
ラウリス硫酸Naやラウレス硫酸Naなどです。
また、洗いすぎも乾燥につながります。
シャンプーは、1日1回で十分です。
シャンプーや洗い方に気を付けて、かゆみ・臭いを改善しましょう。