長年続いている頭皮かゆみを治すための食事や生活習慣見直し

食事は人間の体の源ですし、頭皮のかゆみにとっても、影響があるもののようです。
まず、頭皮のかゆみの原因は、頭皮環境の悪化です。


頭皮も皮膚ですから、皮膚にとって良い事は、頭皮にも良いのです。
脂っこいものや甘いものの取りすぎは、中性脂肪を増やすことになり、頭皮の皮脂の分泌量が増え、頭皮の環境が悪化します。

ケーキや揚げ物などの取りすぎには注意しましょう。
刺激物も、適度な場合は新陳代謝がよくなり、頭皮に良いのですが、取りすぎは発汗作用が多くなりすぎて、皮脂で毛穴が詰まってしまいます。
塩分の取りすぎも動脈硬化を促進させ、頭皮の血行不良につながります。
体を正常に働かせる作用のある、緑黄色野菜のビタミン類は頭皮に良いでしょう。

特にビタミンB群は皮膚の粘膜を強くするので、頭皮の健康に役立ちます。
冷たい食べ物も、体が冷えてしまい、頭皮の血行不良になります。

その他、生活習慣なども頭皮のかゆみに影響します。
まず、睡眠です。
睡眠は成長ホルモンにも影響し、睡眠不足が続けば、正しい皮膚のサイクルが行われないために、頭皮環境が悪化します。

しっかりした深い眠りを6時間以上取ることが必要です。
喫煙は毛細血管が収縮し血行不良になり、コラーゲンを生成するビタミンCを破壊します。

ビタミンCの破壊で、頭皮がかたくなってしまいます。
毛細血管を収縮させることとして、ストレスもあります。
定期的に適度なストレス発散をしていくことが必要です。
健康な体を作るための食生活や生活習慣が、頭皮のかゆみにとっても大切なようです。