頭皮かゆみ予防のためにシャンプーやリンス・整髪料をしっかり選ぼう

シャンプーやリンスは、毎日のように使うものですが、そのシャンプーやリンスによって、頭皮がかゆくなったり、抜け毛が多くなったりするのは、困ったことです。

まず、頭皮がかゆくなるのは、主に乾燥するからです。
シャンプーの洗浄能力が強く、大切な皮脂まで洗い流しをしすぎてしまうからです。

シャンプーで気を付けなければならない成分として、サラサラな髪にするシリコンがあります。
これは、髪をコーティングすることで、サラサラつやつやにするのですが、髪にとってはダメージが回復するどころか悪化してしまいます。
そして、コーティング剤が頭皮に影響するのです。

ジメチコン、シロキサン、クロメチコン」などの表示のものがシリコン剤です。
不明な場合はネットで調べるとよいでしょう。

次に合成界面活性剤を使ったもので、ラウリス硫酸系のシャンプーです。
洗浄力がかなり強いので、皮脂を余分に取ってしまいます。
できれば天然素材で、無添加で、ノンシリコンのものが良いのですが、あまりにも価格が低いものも要注意です。

天然成分が1つでも入っていれば天然の記載ができるし、危険成分がなければ無添加の表示ができます。
本来、天然成分で無添加ならば、ある程度の価格になるはずです。
整髪料では、ミントやメンソール系の成分は、適度の配合量なら良いのですが、強力な刺激のものを常に使い続けることも、頭皮にとっては良くないです。
また、シャンプーやリンスの洗い残しや、整髪料を付けたままいることも、かゆみにつながります